いつの日かきっと、本当は二足歩行が出来る猫姫様に「猫又の村」に連れて行かれちゃうんだろう暗黒の星の人が、更新記録と日々の阿呆を綴る場所
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Search
今日はお休みー
二十四節気の大暑とは言え、毎日毎日、暑いですな(朦朧)。
──先日、性懲りも無く、電脳世界で見掛けた「晒で拵える着物用肌着@目的は汗取り」を何とか彼とか自作し、実際に使用してみたんだけども。
確かに、着付け後二時間くらいは「あ、これ良いかも」と思えたものの、結果的には未使用時との差が余り無くて、毎夏毎夏必ず辿り着く、「盛夏の頃は、必要で無い限り、上から下まで気軽に洗濯機に突っ込める物だけを着倒すに限る」との毎度の結論に、今夏も辿り着いた。
何かもー、足掻くだけ無駄な気がする、この暑さ。

閑話休題。
二、三ヶ月くらい前だったか、面白いパズルゲームがあるよと勧められて、試しに始めてみたアプリゲー(アメリカ産。だと思う)がある。
スマホでやると目が痛くなるから、iPadでしかやらないけど。
そのゲームに、ペットショップ(なのかな。能く判らん)の店長さんみたいなおばちゃんキャラが出てくるのだけども、件のおばちゃんに、「猫は賢いから、飼い主を躾けるんだ」的なことを力説され、猫族に対する認識と言うのは万国共通なのだなと、思わずシミジミしてしまった先日。
犬は飼い主を神の如く崇め、猫は己を神の如く崇めさせると言うけど、本当よねぇ、あれ。
今夜も、家の暴虐な白い毛玉の振る舞いは、絶対君主だしな。

もう一発、閑話休題。
日曜、友人と、陶芸家さんの展示即売会に行って来た。
別の陶芸家さんの展示即売会もハシゴしてしまったので、一寸お財布事情的には痛かったけど、まあ、そういうこともあるよね。うん。
あっちいから涼める所に行こうぜと、通りすがりに入った珈琲屋さんも凄く当たりだったし、お昼に喰らったカレーも美味しかったし、お香関係のお店も巡ったしで、大変充実した一日だった。
お財布事情には(以下略)で、引き蘢りスキルだけは無駄に高く体力無し子なワタクシなので、帰宅後直ぐに爆睡しちゃったけど(故に、作業等々が何も進んでいないが)良かった、良かった。
 
雑記 : comments(0) : trackbacks(0) : 海野懐奈 :
今日は、東京魔人學園伝奇/九龍妖魔學園紀 R-18
火曜、あんまりにも猫様の暴虐が酷いので、「噛んで暴れれば、どんな要求も通ると思ったら大間違いだ」と、分捕まえた猫様の前脚に噛み付き返したのが効いたのか、水曜は、毛玉が大人しかった。
無論、ホントに噛んだのではなく、噛む振りをしただけなんだけど、やはり、母猫が仔猫へ行う躾は有効なのだと、改めて実感した。
お陰で、一回しか叩き起こされずに済んだよ。
…………物凄くレベルの低い満足を覚えている自覚はあるので、突っ込みは無しの方向で一つ。
蝶よ花よと育て、ベッタベタに甘やかした結果、暴虐で悪魔な毛玉に成長した=下僕の自業自得、と言うのも判っているので、その辺の突っ込みも(以下略)。
……起こされずに、自然と目覚めるまで惰眠を貪りたい……。

閑話休題。
結構重度だった『新作書きたくない病』が、徐々に回復に向かいつつある。……ような気がする。
多分でしかないけど。
但、この回復傾向が気の所為で無かったとしても、今月末、ドラゴンクエスト11と言う、恐らく私を久々にゲーム馬鹿にするだろうブツが待ち構えているので、結局は、気の所為のままで終わる気もする。
ワタクシは、某友人に、「たまには何か呟け」と言われるくらい、Twitter等々で殆ど呟かないけども、DQ11プレイ中は某かを喚いてるんじゃないか、と今から思うくらい、やる気満々だし。
既に、「不眠で何時間コントローラー握り続けられるか耐久レース」に突入する気でもいるけど、発売日の翌日に予定入れてるので、初日&二日目は、あんまり出来ないだろうな。残念だ。
──講談聞きに行くんだ。
講談の、納涼怪談会のチケットが、今年は無事に取れたので、いそいそ行くんだ。
演目、『真景累ヶ淵』らしいし。何話目やるのかまでは判らないけど。
初代・三遊亭圓朝の創作怪談は、何方かと言えば牡丹灯籠の方が好きだけども、楽しみ(握り拳)。

さて、本日の更新。
『東京魔人學園伝奇/九龍妖魔學園紀 R-18』の、東京魔人學園伝奇+九龍妖魔學園紀 『スタートラインは、ここからです。』 ♯4、upです。
完売済み同人誌の再録の続き。
 
魔人/九龍 R-18 : comments(0) : trackbacks(0) : 海野懐奈 :
今日はお休みー
CSSのブレイクポイントを変更しようかどうしようか、悩み中。
うーぬ……(唸)。

否、そんなことよりも。
毎日毎日毎日毎日、朝も昼も夜も無く、凡そにして二、三時間前後で下僕を叩き起こしに来る、白い毛玉な悪魔が齎している被害の方が深刻。
頭だの頬だの顎だのを噛み、髪の毛銜えて引っ張って、わざとらしくビミョーにだけ爪を出したお手々で高速猫パンチを繰り出し、下僕を叩き起こした挙げ句に布団から出るまで攻撃を諦めない、あの白い悪魔、どうしてくれよう。
私だって生き物だ、睡眠欲も本能もあるのに、うちの猫様ってば、自分が起きている間に下僕が寝ているのが辛抱堪らない性分へとスキルアップしてくれやがったらしく、本気で容赦無い。
被害甚大。
昨日今日は、iPad持ってるものお気に召さないらしく、星ドラやってたら腕噛まれた(哀愁)。

それでも、映画を観ているのは許してくれる。
映画観てるだけなら、好きなだけ下僕を敷布団に出来るし、ブラッシングor撫で撫でしろと命じられるから(多分)。
──と言う訳で、本日の一本@日本でも公開された映画。

『ブレア・ウィッチ』
2016年の、お米の国の作品。
原題も、『Blair Witch』。
ジャンルは、ホラー。
日本では、1999年に公開された、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の、正式な続編。
検索掛けてみたら、未だ公式サイトが生きていたので、諸々は公式に丸投げ。

ブレア・ウィッチ・プロジェクトは、今となっては(B級映画スキー的に)うんざりするくらい溢れ返っているPOV方式な映画の走りみたいな作品で、散々言われ倒してるので今更言うのはナニだけれど、僅か600万円の制作費で255億円の興行収益を叩き出した、そういう意味で、一種伝説と化してるホラー映画で。
まー、正直、宣伝の仕方の勝利! としか言えない部分が多々な作品でもあるんだろうけれども。
ワタクシは個人的には、御覧になられたことの無い方には「これを言ったらネタバレだろう」な、と或る一つの理由を以てして、ブレア・ウィッチ・プロジェクトを評価している。
なので。
それの正式な続編だと言うので、借りてみた……んだけども。
…………うーん(唸)。
POVとしては、画面が見易いと言う意味で、私は良かったと思う。……何故って、POVって部分だけを意識して制作されちゃうと、何が起こっているのかサッパリ判らん、なことも少なくないから、観ていて、「何じゃ、こりゃ?」ってなるよりは、多少綺麗過ぎる感が残っても、ちゃんと、出来事が把握出来た方がいいじゃない?(と、私は思うよ)
んで以て、ブレア・ウィッチ・プロジェクトの中では謎のままにされてたと或る事が一つ、判明した、ってのも良かったと思うけども。
ものすごーーー……くぶっちゃけてしまえば、それだけ、のような気がしなくも無い。
怖いか怖くないかで言えば、怖くないしなあ……(注:ワタクシ基準)。
B級〜Z級映画ばっか観てる私が悪いのかもだけど、そんな私には馴染みの、B級映画臭が漂ってる感じもしたし。
「〜プロジェクト」にはあった、言葉にするなら「訳判らん怖さ」みたいなのが無い。
だから、お勧めか否か、と言われると、あんまりお勧めは……、ってことになっちゃうかなあ。
 
雑記 : comments(0) : trackbacks(0) : 海野懐奈 :
今日は、Dragon Quest
くっそ暑いですね。
何事? と問いたいくらいクソ暑いですね……。
だと言うのに、九州地方は大雨の所為であんなことになってしまっていて。
被災地の皆様に、お見舞い申し上げます。
お亡くなりになられてしまわれた方々に、ご冥福を。


相変わらずワタクシは、来る日も来る日も、己の都合のみで下僕の頭と額と顎を齧って叩き起こしてくれる、白い毛玉な悪魔に睡眠時間と自由時間を削られているのですが、どうしたらいいでしょう。
月曜は、「暑いけど……」と御布団に潜って防御したら、布団の隙間に顔突っ込んで来た猫様に、鼻齧られた。
……情けも容赦も無い。
せめて、二時間置きに下僕を叩き起こそうとするのは止めて貰えませんか、猫様。
洒落でなく体が持たない。

それは扨措き。
それでも、何とか彼とか、魔人&九龍とドラクエの読み返しは終えた。
と言っても、通しでは一回しか校正掛けてないけど、上記ジャンルに関しては、全作品読み返したので、それだけで気力が尽きた。
んで以て、先日から足掻いていたCSSとの戦いは、どうしても、微妙にPCとモバイルでは見え方が異なってしまうので、一旦、放棄することにした。
くそぅ……。戦いに負けた……。
後ほんの少しだけ、中央に寄って欲しいだけのことなんだけど、その、「だけのこと」の微調整が儘ならなかった。
悔しい。

さて、本日の更新。
Dragon Quest Dragon Quest II 『ROTO「舞台裏」 王族男子の事情 ─婚約中編─』 ♯3、upです。
このお話は、これにて完結です。お付き合い下さった皆様、どうも有り難うございました。
──幾つになっても愛妻なローラ姫とラブラブだった、ローレシア王国初代国王陛下@DQ1主人公な勇者アレフさんの所為で、うちの話のローレシア王家は、色々が駄目です。
諸々がカッ飛んでいた、そういう意味で激しく傍迷惑な勇者様だったアレフ@曾じーちゃんの所為で、アレンは要らん苦労を背負ってる気がする。
 
更新日記 Dragon Quest : comments(0) : trackbacks(0) : 海野懐奈 :
今日もお休みー
暑い……(朦朧)。
何事? ってくらい暑い……。
ほんで以て、気象庁曰く、明日だったか明後日だったかは台風到来だそうで。
……無理。何かもー、お天道様の都合の所為で、色々が無理。
一日も早く校正作業終わらせたいのに、文章が一文字も頭に入ってこない。
「私は一体、何の記号を眺めているんだろう?」状態。
もう一寸だけでいいから、暑さ控え目になってくれんかな。
せめて、湿度だけでもどうにかならんものか。
…………もういっそ、天を仰いで、「プチ氷河期がやって来い」と呟きたい(とても朦朧)。

……ああ、もう駄目だ。
今、ちょいと、DQ系のムービー見てて思った事を書き殴ろうとしたけども、自分でも何書いてるのか判らなくなったくらい、謎な文章にしかならなかった(故に消した)。
アイスノン抱えて横になろう…………。
 
雑記 : comments(0) : trackbacks(0) : 海野懐奈 :